Kindle出版

PowerPointで簡単!Kindle出版の表紙作成方法を解説【まずは70点の表紙でOK】

こんにちはSMMY(サミー)です。私はこれまで10冊以上の電子書籍をKindleで出版しました。

新着ランキングではこれまで何度か1位を取得することもできました。

この記事ではそんな私がPowerPointで簡単に作成できるKindle本の表紙作成方法をわかりやすく解説したいと思います。

不安に思っている人

表紙なんてホントに素人に簡単に作れるの?

SMMY

安心して!みんなお馴染みのPowerPointで簡単に作れるんだ!

この記事を読むことで、誰でも簡単にKindle本の表紙の作り方がわかります。

画像付きで丁寧に説明するので、ぜひ参考にしてみてください!

Kindle本の表紙作成3ステップ

Kindle本の表紙をPowerPointでつくるのに難しいことは一つもありません。

最低限必要なのは次の3ステップだけです。

原稿のつくり方

PowerPoint書式の初期設定

タイトルの入力

写真(イラスト)を挿入する

それぞれ説明していきます。

PowerPoint書式の初期設定

まずはじめに簡単な初期設定を行います。

  1. 「デザイン」タブで、「スライドのサイズ」を選択します。
  2. スライドのサイズ設定で「ユーザー設定」を選択し、幅16cm、高さ24cmに設定します。

これで、本の表紙サイズの設定が完了です。

タイトルの入力

つぎに本のタイトルを入力します。

「テキストボックス」を選択し、本のタイトルを入力します。普通に横書きでバランスよく配置すればOK。

タイトル中で強調したい箇所を赤字にします。

タイトルの上に、下線付きの小見出しを入力します。

これで、タイトルの入力が完了です。

写真(イラスト)を挿入する

最後に、タイトルや内容に関連するイメージ写真(イラスト)を挿入します。

写真(イラスト)は無料素材サイトから入手すればOKです。

私は写真AC(イラストAC)をよく使っています。

無料写真素材なら【写真AC】

※このサイトは複数の姉妹サイトがあり写真・イラスト・シルエット(白黒)素材を無料でダウンロードできます。どれか一つにユーザー登録するとすべてのサイトを利用できるのでとても便利です。

そして空いている余白に著者名を入れます。

これで表紙の完成です。

今回は一番シンプルな作り方をご紹介しましたが、ちょっとアレンジすればバリエーションは簡単に増やせます。

帯を追加して、PR分を追加したパターン↓

まとめ

この記事ではPowerPointで簡単に作成できるKindle本の表紙作成方法を解説しました。

SMMY

とりあえずこの程度の表紙が作成できれば十分です

Kindle出版では、何度でも表紙や原稿を修正することができます。

あとから「やっぱりこうしておけば良かった!」「タイトルを変更したい」なんて思う事もしばしば。

そんな時でも、自分で表紙を作成できるようになっておけば簡単に対応できます。

表紙は大切ですが、決して表紙だけで本が売れるわけではありません。

表紙を外注するのは、ある程度売れる見込みが立つようになってからでも遅くありません。

まずは一度、自分で表紙づくりにチャレンジしてみることをおすすめします!