トランクルーム投資-役立ち情報

40代サラリーマンが副業を探していたらトランクルーム投資に行き着いた話【出会い】

こんにちは40代サラリーマンのSMMY(サミー)です。トランクルーム投資歴3年以上になる私は、現在トランクルーム投資で約5万円/月の副収入を得ています。

SMMY

この記事では、そんな私がどのようにしてトランクルーム投資に行き着いたのかご紹介します。

悩んでいる人

トランクルーム投資ってどうやって始めるんだろう?

という方の参考になる内容となっていますので、気になる方は最後までお付き合い頂ければと思います。

1.自動化できる副業を探す【2016年】

私には二人のこどもがいます。

副業を始めようと決意した時は長男が4歳、次男がまだ生まれたばかりでした。

子育てをしている同世代の皆さんなら共感して頂けると思いますが、手のかかる年頃の男の子が二人いると自分の時間なんてありません。

独身時代の自分に「もっと時間を有効に使え!」と忠告したい位、本当に自由が利かなくなります。

そんな中で、本業と別に副業にまで手を出すとなると、簡単にはいきません。

年も年。

そろそろ健康にも気を使わないといけません。

血圧やコレステロールもやや高め。

身体に鞭を打って稼ぐような肉体労働は到底できません。

必然、できるだけ手をかけずに自動化できる「不労所得型」の副業が求められます。

何の知識も経験もなかった私はとにかく本やネットの情報を手当たり次第調べます。

・株式投資
・FX(ループイフダン)
・アパート経営
・コインランドリー投資
・コインパーキング投資

等々

調べた限り、条件に当てはまりそうな副業はどれも投資系ばかりでした。

胡散臭い
怪しい
ホントに稼げるのか

どれも信用に欠ける内容で、

「よし!これだ」

と思えるものは一つもありませんでした。

自習室経営

なんてものもありました。
子供たちが自主学習するスペースを提供するサービスです。

実際に運営している方にお話を聞きにも行きました。

しかし、こども達への愛が溢れており、不労所得型の副業を探していただけの私には、

とても真似できそうにありません。

途方に暮れかけていたそんな時、1冊の本と出会いました。

それが千葉涼太さんの「トランクルーム、コンテナ、バイク倉庫で儲ける方法」という本でした。

2.トランクルーム投資と出会う【2017年】 

手間がかからず、副業にピッタリ!

本の帯に書かれていたフレーズに惹かれた私は、早速amazonでポチリ。

届くや否や夢中で読み進めました。

「悪くない」
「悪くないじゃないか!」

私が惹かれたトランクルーム投資の魅力は4つありました。

  1. 運営を自動化できる
  2. 初期費用を抑えることができる
  3. 収益が安定している
  4. 不動産投資と比べてリスクが少ない

最重視していた運営を自動化できるしくみがある他、

これまで調べた他の投資系副業と比べて収益性とリスクのバランスが良く、

総合力が非常に高い点に強く惹かれました。

不動産投資では一般的に数千万円の初期費用が必要となりますが、トランクルーム投資の場合、約5百万円程度から始める事が可能です。

また、人が住むわけではなく荷物を保管するスペースを貸し出すだけなので、アパート・マンション経営のように、住人同士のトラブルや事件・事故に巻き込まれるリスクも抑えられます。

それでいて収益性も比較的高く、一度損益分岐点を超えると赤字になる事はほぼありません。

ワンルームマンション投資のように入居が決まるまで収入が0なんて事もありません。

空室リスクを抑える事ができます。

丁度その頃、

家の近所でもトランクルームが増えており、

なんか最近あのトランクルームというサービスをよく見かけるな
流行ってんのかな

などと少し気になっていたので、何か運命めいたものも感じました。

早速私は、どうすればトランクルーム投資を始めることができるのか調べました。

まずトランクルームを事業展開している会社を検索します。

いくつかヒットしますが、

個人を対象にトランクルーム事業を支援している会社はなかなか見当たりません。

「あった!」と思っても、

よく条件を見ると「土地」「建物」を所有している不動産オーナーに対して

資産活用しませんかという類の募集ばかりでした。

そんな折、1つのトランクルームセミナーの案内が目に留まります。

そのセミナーは不動産を持っていない一般の個人も対象としていました。

これを逃すとチャンスはない!

そう感じた私は勇気を出して参加することにしました。

セミナーの内容はわかりやすく、

トランクルーム投資の魅力が十分伝わるものでした。

説明していた講師も誠実そうだし、胡散臭い感じもしない。

私は後日改めて、個別に話を聞きに行くことにしました。

「業界のライバルとなる会社は?」
「強みは何なのか?」
「これまでに撤退したことはあるのか?」
「所得は不動産所得になるのか?」
「なぜ、フランチャイズ展開しているのか?」
「市場は拡大しているのか?」
「考えられるリスクは?」
「契約時連帯保証人はいるのか?」

等々。

疑問点を解消するにつれて、徐々に不安も薄れていきました。

しかし、さらに具体的な手続きを確認していくと、1つ問題が起きました。

それは、すでにトランクルーム投資の順番待ちが、約6ヶ月先まで予約で埋まっており、

その順番待ちの申し込みをする為にはまず先に、「フランチャイズ加盟金」を支払う必要があるという事でした。

このフランチャイザーが展開しているトランクルームは主に屋内型と呼ばれるもので、マンションやビルの一室を借りる必要がありました。

ただ、

トランクルーム事業に適したテナントというのは、そう簡単に見つかるものではなく

1店舗OPENするにも、相当時間がかかるとの事。

これまでの誠実な対応を見る限り、騙されてお金を持ち逃げされるような事はないにしても、与信リスクは拭い去れません。

OPENまでの間に、この会社が潰れてしまったら支払った加盟金は返ってこないかもしれない可能性を考えると、おずおずと条件を飲むわけにもいきません。

しかしその一方で、

せっかく出会えたトランクルーム投資をこのまま諦めるのも悔しい気がした私は、

1つ提案を持ちかけました。

その提案とは、

私が自分でテナント物件を探し、その物件がトランクルームに適していた場合、私が優先交渉権を持つ

そして、実際に出店すると決断した場合、そのタイミングでフランチャイズ加盟金を支払う

という内容です。

素人の無茶な提案にもかかわらず、先方はこの条件を飲んでくれました。

かくして私は、次の日からトランクルームに適したテナント物件を探す事になったのです。

3.トランクルーム投資を始める【2018年】 

もちろん、これまでトランクルームに適しているかどうかという視点で、テナント物件を探したこと等ありません。

まずは、教えてもらった坪単価を目安に物件を調べました。

採算ベースに乗る家賃は大体4,000円/坪とのこと。

しかし、この条件を満たす案件はなかなか見つかりません。

通勤や散歩の途中
子供を自転車に乗せた買い物の途中

来る日も来る日もトランクルーム探しに明け暮れます。

候補物件が見つかる度に、フランチャイザーに連絡し適しているかどうか検証してもらいますが、

なかなかGOサインが出る案件が見つかりません。

そんな日々が1年近く続いた頃。

フランチャイザーから私のもとに1本の電話が。

どうやら、

以前に私が探した案件と同じビルに入っていた別の階のテナントで空きが出たので、トランクルームを出店しないかと、ビルのオーナーサイドから打診があった」との連絡でした。

現状引き渡しを条件に、家賃はほぼこちらの希望に近い水準で構わないと。

一度ダメだった物件が、1年後に装いを新たに戻ってきた感じでした。

この1年、素人の私が探した物件を一つ一つ検討し、

丁寧に対応してくれたフランチャイザーへの信頼も揺るぎない物となっていた私は、この連絡を喜んで受け入れることにしました。

こうしてようやくトランクルーム投資のスタートラインに立つ事になったのです。

2018年3月のことです。

まとめ

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

SMMY

この記事では、私が副業を探していたらトランクルーム投資に行き着いた話をご紹介しました。

おさらい

・千葉涼太さんの「トランクルーム、コンテナ、バイク倉庫で儲ける方法」という本に出会いトランクルーム投資に興味を持つ。

・個人を対象にトランクルーム事業をフランチャイズ展開している会社は数少ない事を知る。

・2018年3月トランクルーム運営を始める。

トランクルーム投資は、誰でも簡単にすぐに始められるわけではありません。

しかし興味を持って、行動を起こせば何とかなるということをお伝えできればと想い、この記事を書きました(参考になるかわかりませんが)。

このあとトランクルーム投資を始める事になった私の実際の収支が気になる方は、こちらの記事もご覧ください。