おすすめ記事

忙しいサラリーマンにもできる! オススメの副業「トランクルーム経営」

私はサラリーマン副業家のKです。

現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営や貸し会議室ビジネス等の副業を行っています。

この記事では実際にトランクルーム経営を約2年やってみた私が、トランクルーム経営について学んだ情報をお伝えしたいと思います!

K

・トランクルーム経営のおすすめポイントを知りたい

・トランクルーム経営のリアルな収支が知りたい

・トランクルーム経営のリスクが知りたい

・トランクルーム経営の始め方を知りたい

という方にオススメです。

私が副業としてトランクルーム経営を実際に行い、黒字化するまでの道のりを踏まえて、オススメのポイントやリスクを正直にお伝えします。

興味はあるんだけど、「トランクルーム経営って実際のとこどうなの?」と、思っているか方の参考になればと思います。

良かったら、これまでの私の「トランクルーム経営体験記」も読んでみてください!

トランクルーム経営のおすすめポイント3つ紹介!

1:まったく手がかからない不労所得ビジネス

なによりも魅力的なのは不労所得のビジネスモデルだということです。

特に本業や家事・育児・介護・その他等々、忙しいサラリーマンや自営業の方にとって、時間をかけずに実践できる点が一番のおすすめポイントです。

ちなみに私はトランクルーム経営を始めてもうすぐ2年が経過しますが、その間に手を煩わせた事はほとんどありません(色々画策はしましたが・・・)。

毎月行うことと言えば、屋内トランクルームとして使用している建物(ビル)の家賃と電気代を支払うぐらいです。

あとは、全ての業務をフランチャイズ本部が代行してくれます。

昨今副業がブームとなりつつありますが、肉体系の仕事や睡眠時間を削って行うような仕事は無理が生じて続けるのは難しいかと思います。

その点、不労所得ビジネスの「トランクルーム経営」はおすすめです!

2:安定した収益のビジネス

2つ目のおすすめポイントは、トランクルーム経営が安定した収益のビジネスモデルという点です。

売上が増えていくまで時間はかかりますが、ストック収入のビジネスモデルなので、徐々に徐々にではりますが収益性が向上していきます。

実際私がトランクルーム経営を始めて黒字化するまでは1年8ヶ月かかりました。

黒字化までの売上推移(1年8ヶ月間の推移)

この時間を長いと捉えるかどうかは、それぞれの投資判断ですが、流行や季節性等で良くも悪くも収益が大きくブレるビジネスではなく、安定している点は副業に向いてるポイントだと思います。

長く続けられることも重要な要素です。

なお、私の運営している店舗の表面利回りは現時点で約35%程度、実質利回りで約3%程度です。

自社所有ではなくスペースを賃貸しているのでどうしても固定費が高くなる分、実質利回りが低下します。

それでも、満室想定時には表面利回り約55%程度、実質利回り約12%程度が見込める状況です。

また契約時に利用者へ保証会社への加入を義務付けているので、私が運営している店舗でこれまで売上金(利用料)を回収できなかったことやトラブルは一度もありません。この点も安心です。

3:リスクの低いビジネス

3つ目のおすすめポイントは、トランクルーム経営がリスクの低いビジネスという点です。

まず初期投資を抑えられること。

規模にもよりますが、初期投資は大体400~700万円くらいです。

決して安くはないですが、他の不動産投資と比較するとそれほどかかりません。

多額の借り入れをしなければ難しいマンション経営等の不動産投資よりは万が一の際のリスクは少ないと思います(借り入れをしてレバレッジを利かす投資メリットも当然あるかとは思いますが副業としてはリスクが高いですよね・・・)。

あと見落としがちなポイントとしては、事業として売却が可能な点です。

トランクルーム経営は不動産を所有していなくても物件を賃貸して始めることができる反面、マンション経営のように不動産として売却することができないのが難点だとお考えの方も多いのではと思います。

しかし、そんなことはありません。

トランクルーム事業として譲渡することが可能なのです。

フランチャイズで運営している場合は本部が買い取ってくれるか、他のフランチャイジーに売買を仲介してくれるケースが一般的です。

トランクルームに必要な設備らしい設備はパーテーション位ですが、消耗品のように劣化が激しい設備ではないので資産価値がそれほど下がるリスクもありません。

私の運営店舗のパーテーションも2年ほど経過していますが、ほとんど劣化は見られません。

初期投資を抑えた上で、出口戦略として事業そのものを売却できる点はとても魅力的だと思います。

トランクルーム経営のリスク

トランクルーム経営の一番のリスクはやはり投資回収まで時間がかかることです。

これは不動産投資全般に言えることだとは思いますが、注意が必要なポイントです。

当然、資金繰りの問題もありますが、それ以上に今の変化が激しい世の中では、新たなサービスの出現によって、あっという間にビジネスそのものが取って変わられてしまうリスクがあるからです。

すでに「モノオク(monooQ)」「カラエト(CARAETO)」等のような、トランクルームに取って変わるようなビジネスも生まれています。

また、これもトランクルーム経営に限ったことではありませんが競合店の出現による収益性の低下が考えられます。

投資回収までに時間がかかるほど、これらのリスクが高まる点は否めません。

トランクルーム経営は、決して収益性が高いビジネスモデルではありませんので、これから新たに始めようとする際には、慎重に状況を見極めながら、万が一のこともシミュレーションした上で取り組む必要があるかと思います。

トランクルーム、コンテナ、バイク倉庫で儲ける方法 50万円からできて20%の利回り!「物置投資」入門

価格:1,760円
(2020/5/3 07:23時点)
感想(0件)

まとめ

結論として、

K

トランクルーム経営は忙しいサラリーマンの副業としてはオススメです。やはり不労所得ビジネスである点が最も魅力的です。

必ずしも再現性があるわけではありませんが、収益性とリスクのバランスは比較的優れていると思います。

トランクルーム経営について興味をお持ちの方は、続いて他の記事も参考にしてみてください!

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。