貸し会議室運営

サラリーマンの副業体験記ブログ 貸し会議室運営って儲かるのか? 実績公開1ヶ月目 (2019年6月)

私はサラリーマン副業家のKです。現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。

この記事では、

 サラリーマン 副業家K

・貸し会議室運営が儲かるのか知りたい

・貸し会議室運営は不労所得になるのか知りたい

・貸し会議室運営のリスクが知りたい

・貸し会議室運営をやってみた体験者の感想が聞きたい

という方に向けて、私が行っている「貸し会議室運営」の実体験をもとに、役立つ情報をお伝えしたいと思います。

興味はあるんだけど、「貸し会議室運営って実際のとこどうなの?」と、思っているか方の参考になればと思います。

そもそも「貸し会議室運営」ってなに?という方はまずはこちらの記事も読んでみてください!

貸し会議室運営 実績公開 1ヶ月目

収入:貸し会議室賃貸収入

当月 収入 50,038円

内訳

スペイシー 18,980円

インスタベース 6,415円

スペースマーケット 24,643円

支出:家賃・手数料・電気代 等

当月 支出 94,898円

収支:収入ー支出

当月 収支 ▲44,860

利用状況

スペイシー 3件 平均利用料金 @6,326円/1件

インスタベース 1件 平均利用料金 @6,415円/1件

スペースマーケット 5件 平均利用料金 @4,928円/1件

合計 9件 平均利用料金 @5,559円/1件

となりました。

1ヶ月目にやったこと

作業時間 0時間

当月はなにもやっていません。

ほったらかしです。

1ヶ月目の感想

当月から貸し会議室の運営を始めました。

調べた限りでは、割と早期に収益化できるビジネスのようです。

トランクルーム経営を補完できればうれしい限りです。

果たしてうまくいくのでしょうか?

貸し会議室の運営にあたっては、予約サイト(プラットフォーム)の存在が不可欠となります。

現在以下の3つのサイトが主流です。

  1. スペイシー
  2. インスタベース
  3. スペースマーケット

この3つのサイトから予約が入り、利用実績に応じて手数料(売上の約30%)を支払うというビジネスモデルです。

運営管理は代行してくれる会社があるので、私はそこに委託しています。

会議室の規模(大きさ)によって管理代行手数料は異なりますが、私の運営しているサイズでは10,000円/月額です。

この値段ですべて管理してくれるのであれば、安いと思います。

上手くいけば完全に不労所得モードです。

K

頼むから上手くいってくれ~~

そんな思いでかなり期待して始めたのですが・・・

実際のとこどうなのでしょうか?

続いて実績公開2ヶ月目の記事も参考にしてみてください!

トランクルーム経営に興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

http://arucommu.com/archives/496

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。