トランクルーム経営

サラリーマンの副業体験記 トランクルーム経営は儲かるのか? 実績公開1年4ヶ月目 (2019年6月)

私はサラリーマン副業家のKです。現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営等の副業を行っています。

この記事は、

 サラリーマン 
副業家K

・トランクルーム経営は儲かるのか知りたい

・トランクルーム経営は不労所得になるのか知りたい

・トランクルーム経営のリスクが知りたい

・トランクルーム経営をやってみた体験者の感想が聞きたい

という方に向けて、私が行っている「トランクルーム経営」の実体験をもとに、役立つ情報をお伝えしたいと思います。興味はあるんだけど、「トランクルーム経営って実際のとこ儲かるの?」と、思っている方の参考になればと思います。

その前に、まずはトランクルーム経営について関心がある方は、先にこちらの記事も読んでみてください。

トランクルーム経営 実績公開1年4ヶ月目

収入:トランクルーム賃料

当月 収入 158,533円

1年4ヶ月累計 収入 2,295,581円

支出:家賃・電気代・FCロイヤリティ等

当月 支出 217,841円

1年4ヶ月累計 支出 3,355,210円

収支:収入ー支出

当月 収支 ▲59,308円

1年4ヶ月累計 収支 ▲1,059,629円

契約状況

前月末契約数 19部屋

当月新規契約数 1部屋

当月解約数 2部屋

当月末契約数 18部屋

賃貸率(部屋数)18部屋/36部屋=50.0%

賃貸率(収入) 158,533円/345,950円=45.8%

となりました。

※私が運営しているトランクルームは全部で36部屋、最大賃料収入は345,950円/月です。

※新規契約者は契約の状況によって、初月に2か月分の賃料を得るケースがあります。

トランクルーム経営 1年4ヶ月目にやったこと

作業時間 0時間

当月はなにもやっていません。

ほったらかしです。

トランクルーム経営 1年4ヶ月目の感想

先月実施した、某有名ファミリーレストランへの置きチラシ(店内ラックに設置)の効果を発表します。

設置枚数200枚のうち、消化された枚数は「25枚」  

K

う~ん、、、という感じです

いや、一般的な消化率はそんなもんらしいんですけど。

やはりどこかで、「トランクルーム」の潜在的なニーズは極めて高いのでは?と期待している自分がいるので、物足りなさは否めません。

現実を見つめないといけません。

当然、この程度では契約に繋がる効果はありませんでした。

そもそも、このような宣伝は継続的にやらないと効果も表れにくいというのもわかるのですが、今回の結果からして費用対効果を期待するのは難しいと感じ、今回限りにすることにしました。

いよいよ八方ふさがりです。。

そんな中、たまたま目にした「貸し会議室運営」に関する本が、次の転機となりました。

このビジネスも自分が手をかけずに運営できる不労所得のビジネスモデルが可能です。

トランクルーム経営は黒字化まで時間がかかりそうなので、短期で収益化できそうな点にも惹かれました。

また、トランクルーム経営の赤字と損益通算することで、税務面でのメリットが取れるのも効果的です。

果たして、この出会いが「吉」とでるか「凶」とでるか?

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

副業第2弾「サラリーマンの副業体験記 貸し会議室編」の開始です。

トランクルーム経営編も引き続きよろしくお願いします。

実績公開1年5ヶ月目の記事はこちらをどうぞ!

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。