トランクルーム経営

サラリーマンの副業体験記 トランクルーム経営は儲かるのか? 実績公開12ヶ月目 (2019年2月)

私はサラリーマン副業家のKです。現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営等の副業を行っています。

この記事は、

 サラリーマン 
副業家K

・トランクルーム経営は儲かるのか知りたい

・トランクルーム経営は不労所得になるのか知りたい

・トランクルーム経営のリスクが知りたい

・トランクルーム経営をやってみた体験者の感想が聞きたい

という方に向けて、私が行っている「トランクルーム経営」の実体験をもとに、役立つ情報をお伝えしたいと思います。興味はあるんだけど、「トランクルーム経営って実際のとこ儲かるの?」と、思っている方の参考になればと思います。

その前に、まずはトランクルーム経営について関心がある方は、先にこちらの記事も読んでみてください。

トランクルーム経営 実績公開12ヶ月目

収入:トランクルーム賃料

当月 収入 186,602円

12ヶ月累計 収入 1,599,078円

支出:家賃・電気代・FCロイヤリティ等

当月 支出 188,837円

12ヶ月累計 支出 2,501,072円

収支:収入ー支出

当月 収支 ▲2,235円

12ヶ月累計 収支 ▲901,994円

契約状況

前月末契約数 21部屋

当月新規契約数 1部屋

当月解約数 0部屋

当月末契約数 22部屋

賃貸率(部屋数)22部屋/36部屋=61.1%

賃貸率(収入) 186,602円/345,950円=53.9%

となりました。

※私が運営しているトランクルームは全部で36部屋、最大賃料収入は345,950円/月です。

※新規契約者は契約の状況によって、初月に2か月分の賃料を得るケースがあります。

トランクルーム経営 12ヶ月目にやったこと

作業時間 0時間

当月も特に何もやっていません。

ほったらかしです。

トランクルーム経営 12ヶ月目の感想

良くも悪くも動きがありません。

解約数が3ヶ月連続で0をキープしましたが、新規契約数が伸びません。

もう少しコンスタントに新規契約があるかと思っていましたが、なかなか伸びません。

ちなみにトランクルーム経営を始めて当月でちょうど1年が経過しました。

想定の範囲内ではあるものの、思ったほど甘くない現実に直面しているような状況です。

不動産投資に代表される不労所得にあこがれて、というかサラリーマン副業家である以上、不労所得的なビジネスモデルでなければ、なかなか本業との両立が成り立たない中で、このトランクルーム経営を始めたわけですが、これほど神経をすり減らすとは思いませんでした。。

実作業としてはほったらかしに近いのですが、気持ちの面では全くほったらかしにできません。。

常に契約・解約状況が気になります。

新規契約数が多い月は、「おっやっぱトランクルーム経営は副業としていいぞ!」と息巻く一方、解約数が多い月は、「トランクルーム経営はやっぱ難しいのか。。」と感じたり、毎月状況に応じて心境が大きく変わる日々です。

安定した収益や生活を目標に始めたこのビジネスによって、こんなに不安定な気持ちになるとは思いませんでした。

続いて実績公開1年1ヶ月目の記事も参考にしてみてください!

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。