トランクルーム経営

サラリーマンの副業体験記 トランクルーム経営は儲かるのか? 実績公開3ヶ月目 (2018年5月)

私はサラリーマン副業家のKです。現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営等の副業を行っています。

この記事は、

 サラリーマン 
副業家K

・トランクルーム経営は儲かるのか知りたい

・トランクルーム経営は不労所得になるのか知りたい

・トランクルーム経営のリスクが知りたい

・トランクルーム経営をやってみた体験者の感想が聞きたい

という方に向けて、私が行っている「トランクルーム経営」の実体験をもとに、役立つ情報をお伝えしたいと思います。興味はあるんだけど、「トランクルーム経営って実際のとこ儲かるの?」と、思っている方の参考になればと思います。

その前に、まずはトランクルーム経営について関心がある方は、先にこちらの記事も読んでみてください。

トランクルーム経営 実績公開3ヶ月目

収入:トランクルーム賃料

当月 収入 60,736円

3ヶ月累計 収入 172,481円

支出:家賃・電気代・FCロイヤリティ等

当月 支出 186,389円

3ヶ月累計 支出 554,096円

収支:収入ー支出

当月 収支 ▲125,653円

3ヶ月累計 収支 ▲381,615円

契約状況

前月末契約数 9部屋

当月新規契約数 4部屋

当月解約数 1部屋

当月末契約数 12部屋

賃貸率(部屋数)12部屋/36部屋=33.3%

賃貸率(収入)60,736円/345,950円=17.6%

となりました。

※私が運営しているトランクルームは全部で36部屋、最大賃料収入は345,950円/月です。

※新規契約者は契約の状況によって、初月に2か月分の賃料を得るケースがあります。

トランクルーム経営 3ヶ月目にやったこと

作業時間0時間

特にありません。

当月もほったらかしです。

するこをは何もありません。

トランクルーム経営 3ヶ月目の感想

当月も順調に契約者が増えてまずまずの状況でした。

ただ、このビジネスでは固定費として毎月支払う家賃負担が重くのしかかってくるので、心情としては結構堪えます。。

K

普通のサラリーマンにとって、通常の生活費と別に毎月18万円近くの支出が発生する状況というのは厳しいですよね。。

事業計画上、初年度は我慢の1年になるのはわかっていたのですが、実際にやってみると思っていた以上にプレッシャーや不安が募ります。

「本当にうまく行くのだろうか?」

「解約者が急に増えないだろうか?」

「何かトラブルは起きないだろうか?」

などなど。

やはり自分でなにかビジネスをやるのは甘くないことを、肌で実感し始めたのがこの頃です。

でも契約状況は順調だし、不安はあるものの期待の方が勝っていました。

早く不労所得で本業以上に稼いで不安を吹き飛ばしてやるぞ!」、そんな気持ちでした。

続いて実績公開4ヶ月目の記事も読んでみてください!

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。