トランクルーム経営

サラリーマンの副業体験記 トランクルーム経営は儲かるのか? 実績公開2ヶ月目 (2018年4月)

私はサラリーマン副業家のKです。現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営等の副業を行っています。

この記事は、

 サラリーマン 
副業家K

・トランクルーム経営は儲かるのか知りたい

・トランクルーム経営は不労所得になるのか知りたい

・トランクルーム経営のリスクが知りたい

・トランクルーム経営をやってみた体験者の感想が聞きたい

という方に向けて、私が行っている「トランクルーム経営」の実体験をもとに、役立つ情報をお伝えしたいと思います。興味はあるんだけど、「トランクルーム経営って実際のとこ儲かるの?」と、思っている方の参考になればと思います。

その前に、まずはトランクルーム経営について関心がある方は、先にこちらの記事も読んでみてください。

トランクルーム経営 実績公開 2ヶ月目

収入:トランクルーム賃料

当月 収入 74,385円

2ヶ月累計 収入 111,745円

支出:家賃・電気代・FCロイヤリティ等

当月 支出 185,439円

2ヶ月累計 支出 367,707円

収支:収入ー支出

当月 収支 ▲111,054円

2ヶ月累計 収支 ▲255,962円

契約状況

前月末契約数 4部屋

当月新規契約数 6部屋

当月解約数 1部屋

当月末契約数 9部屋

賃貸率(部屋数)9部屋/36部屋=25.0%

賃貸率(収入)74,385円/345,950円=21.5%

となりました。

※私が運営しているトランクルームは全部で36部屋、最大賃料収入は345,950円/月です。

トランクルーム経営 2ヶ月目にやったこと

作業時間 0時間

当月もやったことは特にありません。

ほったらかしです。

しばらくは様子見が続きます。

トランクルーム経営 2ヶ月目の感想

契約数が伸びて非常に良い結果でした。

やはりこの出店エリアにニーズは結構あると感じました。

この調子で契約が伸びれば、「想定よりも早く黒字化するなぁ」、「早めに2店舗目も出そうかな」等とこの時は考えていました。

トランクルームの利用者は、店舗の周辺に住んでいる場合が多いのは多いのですが、結構離れた地域に住んでいる方もチラホラいます。

一般的にトランクルームの利用エリア(集約ターゲット)は、店舗を中印に半径1.5~2.0km圏内と言われていますが、明らかにそれ以上離れているケースがあります。

住んでいる近くにトランクルームが無いケースや、住居は離れているけど勤務地が近くにあるケース等、様々な事情があるのかもしれません。

運営や手続きをフランチャイズ本部に任せているので、個々の契約状況の詳細をその都度知ることができないのは、今後戦略的な対応を考える上では少しデメリットでもあります。

K

でもそれ以上に、忙しいサラリーマンにとってほったらかしで副業できるというのは非常に魅力です!

続いて実績公開3ヶ月目の記事も読んでみてください!

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。