貸し会議室運営

サラリーマンの副業体験記ブログ 貸し会議室運営って儲かるのか? 実績公開4ヶ月目 (2019年9月)

私はサラリーマン副業家のKです。現在本業と育児のかたわらトランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。

この記事では、

 サラリーマン 副業家K

・貸し会議室運営が儲かるのか知りたい

・貸し会議室運営は不労所得になるのか知りたい

・貸し会議室運営のリスクが知りたい

・貸し会議室運営をやってみた体験者の感想が聞きたい

という方に向けて、私が行っている「貸し会議室運営」の実体験をもとに、役立つ副業情報をお伝えしたいと思います。

興味はあるんだけど、「貸し会議室運営って実際のとこどうなの?」と、思っているか方の参考になればと思います。

そもそも「貸し会議室運営」ってなに?という方はまずはこちらの記事も読んでみてください!

貸し会議室運営 実績公開 4ヶ月目

収入:貸し会議室賃貸収入

当月 収入 113,626円

内訳

スペイシー 20,415円

インスタベース 54,947円

スペースマーケット 38,264円

支出:家賃・手数料・電気代 等

当月 支出 115,937円

収支:収入ー支出

当月 収支 ▲2,311

利用状況

スペイシー 8件 平均利用単価 @2,551円/1件

インスタベース 15件 平均利用単価 @3,663円/1件

スペースマーケット 13件 平均利用単価 @2,943円/1件

合計 36件 平均利用単価 @3,156円/1件

となりました。

4ヶ月目にやったこと

作業時間 0時間

当月はなにもやっていません。

ほったらかしです。

4ヶ月目の感想

ほぼ収支はトントンまできました。

損益分岐点としては11~12万円の売上高となります。

これくらいであれば無理な金額ではありません。

利用件数も着実に増えています。

貸し会議室運営の場合KPIとしては、利用件数が重要になりそうです。

平均利用単価は先月も当月も約3,000円/1件くらいなので、この水準が一つの目安とるのでしょう。

当会議室の利用料金は平日990円/1h、休日1,490円/1hなので、だいたい2~3時間/1回の利用ということになります。感覚的にはそんなもんでしょう。

この単価を恒常的にUPさせるのはなかなか難しいと思うので、やはり利用件数がどの程度まで伸びるかが今後のカギです。

コンスタントに最低35件以上の利用を維持できれば、収益化が見えてきそうな気がします。

K

あと季節による繁閑がどの程度あるのかも検証していかねば!

続いて実績公開5ヶ月目の記事も参考にしてみてください!

トランクルーム経営にも興味のある方はこちらの記事もどうぞ!

ABOUT ME
K
サラリーマン副業家のKです。現在トランクルーム経営や貸し会議室運営等の副業を行っています。